精神の健康とメンタルヘルス!大切なのは日頃の自己診断

メンタルヘルスについて考察

メンタルヘルスと呼ばれる心の健康について自身で考えたことは在りますか?
心の病気とは無縁だ。と思っている方も多いのが現実なのですが誰でもなり得る病気で有り、例を出すと鬱は風邪の様に誰でも移る可能性が有ると言った事から心の風邪との別名があります。
心病は一般的に放っておくと収まると考えられがちですがそれは間違えで逆に悪化する傾向があり特に鬱は早い段階で治癒を受ければ比較的良好に回復しますが何もしないで過ごして居ると月日が経過すると共に症状も深刻になりがちです。

病院に行き診察を受けに行く程では無い軽度の場合は食生活の見直しをする事で改善する時もあり、日常生活で一定のリズムを決めると精神面でもゆとりが出来るので治癒方法の1つとされてます。
悩み事や不安事がある時、親や友達と相談をしたら心が何だかスッキリした。この様な経験は無いでしょうか。
話す事というのは心の健康を維持する上でとても重要で気持ちを安定させる効果もあるとの研究結果も報告されており、その為医師との診断で症状チェックをして貰ったり誰かと話す事自体に実は意味が有るのです。
現代では心理療法の他にインターネットを使い自身の症状チェックが出来るこころナビと呼ばれるサイトが存在し利用者の多くは心の病気を患っている方が多く居ます。

こころナビの特徴の1つにセルフチェックと呼ばれる、誰にも知られず経った1分の短時間で症状チェックの無料診断が受けられ実際に医療機関の診断基準に合わせられているので確実性としては高いのです。
そしてアスペルガー症候群やギャンブル依存症、サイコパス等といった病気も幅広く取り上げられておりサイト内の掲示板には自分と同じ症状で苦しんでいる方達とお互いにコミュニケーションを取り合う事も可能となってます。
その為、互いの病気や症状について情報の交換や共有が出来るのでこころナビを通じて1人で悩む必要が無くなり少しずつでは在りますが症状改善にも繋がるのでは無いでしょうか。
最近では、メンタルヘルスに関して関心が高まって来ており厚生労働省からもセルフケアの推進や職場では1人1人を大切にする。の精神作りを表明しており労災による年間自殺者も15パーセント以上減らす案が実施されてます。
この様に国と社会が協力しメンタルヘルスの不調を未然に防ぎ、より良い社会作りが出来るように取り組まれているのである。